書評・解説

2015年

  • 髙玉圭樹 and 小峯嵩裕:時系列歩行データに基づく環境知能型すり足検知システム: 転倒検知から転倒察知へ (特集 人の認知を拡張し健康を促進する環境知能)
    人工知能: 人工知能学会誌: journal of the Japanese Society for Artificial Intelligence
    30(6),
    pp. 733-738, 2015

     

2013年

  • 新たな宇宙探査機を目指すローバの進化 : ARLISSでの挑戦 (特集 ロボット競技と計測制御)
    計測自動制御学会学会誌:計測と制御
    Vol.52 No.6,
    pp. 515-521, 2013-06

     

2011年

  • Izumi, K., Takadama, K., Hattori, H., Nishino, N., and Noda, I.: “Social and Group Simulation based on Real Data Analysis,”
    Journal of Advanced Computatio nal Intelligence and Intelligent Informatics (JACIII),
    Vol. 15, No. 2,
    pp. 166–172, 2011. 
  • 高玉圭樹: “プログラム進化を促進する人工衛星の制御基板”
    精密工学学会誌
    Vol. 77, No.1,
    pp. 46–50, 2011.

     

2010年

  • 間島隆博,高玉圭樹: “マルチエージェントシステムによる路線網構築法”
    オペレーションリサーチ学会論文誌
    Vol 55., No. 3,
    pp. 170–175, 2010.

     

2005年

  • 高玉 圭樹: “相互作用の本質に迫る”,
    「相互作用の本質に迫る: 知的システムの理解と設計の新視点」特集号,
    計測自動制御学会,計測と制御,
    Vol 44., No. 12,
    pp. 817-818, 2005.
  • 高玉 圭樹: “相互作用の設計原理を目指して”,
    「相互作用の本質に迫る: 知的システムの理解と設計の新視点」特集号,
    計測自動制御学会,計測と制御,~
    Vol 44., No. 12,
    pp. 831-835, 2005. 
  • Rouchier, J., Cioffi-Revilla, C., Polhill, J. G., and Takadama, K.:“Progress in Model-To-Model Analysis,”
    The Journal of Artificial Societies and Social Simulation (JASSS),
    Vol. 11,No. 2, 2008.

     

2003年

  • 高玉 圭樹: “相互作用に埋めこまれた集合知: 集団の組織化レベルの解析”,
    「複雑系と集合知」特集号, 人工知能学会誌, Vol. 18, No. 6,
    pp. 704-709, 2003.
  • 高玉 圭樹,中谷 一郎: “深宇宙探査機の自律化とその検証”,
    日本ロボット学会誌,
    Vol. 21, No. 5,
    pp. 488-493, 2003.