張 財立

修士2年

自己紹介

中国出身です。
人工知能に興味があるので、本研究室に入りました。

研究室の雰囲気

充実な毎日を送っています、1年を顧みると、自分の成長を実感しました。

ARLISSへの意気込み

こつこつ作業したり、デバックしたり、その努力に報いるのはロケットの打ち上げた瞬間のワクワク感が半端ない。

髙玉先生の紹介

熱意、パワフル、全力で取り込む姿勢に感服しました、いつまでも見習うべきと思います。

研究業績

国際会議

国内学会

  • SICE(計測自動制御学会)/第43回知能システムシンポジウム
    報酬値の分散に基づく学習分類子システムによる一般化度合の異なるルールの同時獲得
    Caili Zhang, Tatusmi Takato, Masaya Nakata, Hiroyuki Sato, Keiki Takadama